情報・ニュース

    ◆ 艦娘を追加!
    11月26日(木)より、以下の艦娘が追加されます!

    ● 朝潮型 駆逐艦
    朝潮改二

    朝潮改二とは、朝潮改の改装条件を満たす事で、以下の海域や建造・演習で邂逅可能です。
    また、朝潮改二の改装条件を満たす事で、朝潮改二丁とも邂逅可能です。

    邂逅可能な海域:
    沖ノ島沖戦闘哨戒、モーレイ海哨戒、キス島撤退作戦、アルフォンシーノ方面進出、北方海域艦隊決戦、ジャム島攻略作戦、カレー洋制圧戦、リランカ島空襲、カスガダマ沖海戦、南方海域進出作戦、珊瑚諸島沖海戦、第一次サーモン沖海戦
    邂逅可能な演習:
    砲撃演習、雷撃演習、合同演習 夜戦
    ※今回、追加された艦娘は、改造艦建造では邂逅できません。

      【【艦これアーケード】11月26日(木)「朝潮改二」「朝潮改二丁」実装!!!!!!!!】の続きを読む



    まとめ
    ゲームセンター「セガ」について
    ・セガサミーは「アミューズメント施設事業」(ゲーセン運営)を他企業へ譲渡し撤退

    ・「アミューズメント施設事業」を譲り受けた企業は店舗名に「セガ」を継承する

    ・つまりゲームセンター「セガ」の看板はそのままで経営母体が変わるだけ(セガサミー→ジェンダ)

    セガのアーケードゲーム開発について
    ・「アミューズメント機器事業」(アーケードゲーム開発)はセガが継続して行う

    ・ただし「アミューズメント機器事業」の開発人員の一部をコンシューマ事業などへシフトされる
      【【速報】セガサミーの撤退が決まったゲーセン運営事業、店舗名の「セガ」は継承されるぞ!なおアケゲ―開発人員の一部を他事業へシフトする模様】の続きを読む


     ※以下、『艦これアーケード』プロデューサー 大崎誠 氏のツイッターより引用

    【艦アケのプロデューサー大崎誠氏が『セガサミー』のゲーセン運営事業撤退を事前に知らされていなかったことを明かす】の続きを読む


    2020年11月4日、セガサミーホールディングスが連結子会社『セガエンタテインメント』の株式の85.1%をジェンダ(GENDA)に譲渡すると発表した。

    『セガエンタテイメント』は主にゲームセンター事業を展開する子会社で、セガサミーは今回の譲渡の理由として「コロナの影響」をあげている。

    譲渡先のジェンダは国内外でアミューズメントマシンレンタル事業やオンラインクレーンゲーム事業などを手掛けている。ちなみに社長はガチ美人で若い。

    これによりセガサミーは『セガエンタテイメント』の売却に伴い国内のゲームセンター運営事業から年内に撤退する見込みだ。

    なお『艦これアーケード』などのアーケードゲーム開発を含むアミューズメント事業は『株式会社セガ』が事業を担当しているため、直接的な影響はない。

    https://www.segasammy.co.jp/japanese/pdf/release/20201104_j_subsidiary_final.pdf

    まとめ
    ・セガサミーはゲームセンター運営をしている子会社『セガエンタテイメント』を売却、年内にゲーセン事業から撤退へ

    ・『SEGA』の看板を背負ったゲームセンターは譲渡先のジェンダが運営

    ・『艦これアーケード』などのアーケードゲームは『株式会社セガ』(「龍が如く」などの開発会社と同じ)が担当しているため直接的な影響はない



    重要なのでもう1度…

    売却されるのは「ゲームセンター運営事業」であり、ゲームセンター用のゲーム機(アーケードゲーム)の開発機能を持つ『株式会社セガ』は存続。


    10月15日(木)より【ハロウィンmode】の艦娘が追加

    朝潮改二【ハロウィンmode】

    201013_1_a

    朝潮改二丁【ハロウィンmode】
    201013_1_b


    ハロウィン2020仕様のオリジナルフレームデザイン
    201013_1_c



    https://kancolle-a.sega.jp/players/information/201013_1.html

    このページのトップヘ